IMG_6596

みなさん、こんにちは!
KITASUGIスタッフのさやかです(^^♪

本日の京都は雪山を思う存分、楽しめる雲一つない快晴です!
市内では「全国都道府県対抗女子駅伝」も開催中。
田中希実選手の快走は圧巻でした!

年が明け、雪山を楽しんでいらっしゃる方も多いかと思います。
今年初の登り初めをそれぞれの里山で楽しんだ方も多いのではないでしょうか。
私はびっくりすることに、肺炎と肋骨骨折(2本)をやらかし、
信じられないくらい安静な日々を過ごしています💦
骨折、びっくりするくらい痛いですね。。

新年ということもあり、今年の目標を立てている方もいると思うのですが
皆さんはどのような目標を掲げられていますか?
今年はあの山へ行こう!
テント泊に挑戦しよう!
雪山にトライしてみたい!
などなど…

IMG_6596

私のお話で恐縮ですが、昨年『六甲山半縦走』を目標にしていました。
開催時期が11月ということもあり、2023年の実力をはかるためにもちょうど良いのではないか?と思い、申し込みました。
本当は全縦走に挑戦したかったのですが、私の普段の登山スピードから考えると
時間内に完走しきれないと予測し、半縦走を目標に。
関西の方には有名な六甲山全縦走大会。
いつかは全縦走したいと思っている方も多いのでは?
でもこの大会。
正直に言って、めちゃくちゃしんどいです笑
完全になめてました。。
IMG_6606
スタート直後はこんなに笑顔…
IMG_6625
有名な馬の背。
IMG_6612
先が見えない階段…

スタート直後は景色を楽しみ、写真撮影などしながら登山していたのですが
気が付いたら、黄色鬼さん(タイムキーパー)が真後ろに。。
IMG_6618
黄色鬼さんは赤鬼さんよりも30分前を歩く設定らしく、
まんまとほぼ一番最後の登山者に笑
ここからは必死に登るのですが、意外に急登や階段が多く全然スピードが出ない…
あっという間に赤鬼さんと合流。
IMG_6640
そのまま赤鬼さんとほぼゴールまで歩くというおもしろい結果に😓
IMG_6631

半縦走は塩屋から新神戸までの約22kmの距離。
タイムはまさかの9時間半。
消費カロリーもびっくりの2,418㎉😲
いやはや、とんでもない結果でした(;^ω^)

IMG_6660

でも、目標にしていた半縦走を無事に完走できたのは
本当に嬉しかったですし、やりきったという満足感、達成感は日頃感じることができないものでした。
ボランティアの方々からもたくさん褒めていただき笑
自己肯定感も爆上がりでした!
IMG_6654
ゴールした時はすでに神戸の夜景が綺麗な時間帯になっていました…

きっと皆さんも登りたかった山に実際、登り切った後は
とてつもない達成感を感じていらっしゃるのではないでしょうか?
こういう感覚を味わえることも登山の醍醐味ではないかな?と、私は思っています。

今年はいくつか行きたい山があるので、それらに行けるように
まずは骨をくっつけることから頑張りたいと思います😅

IMG_0851

みなさん、こんにちは!
KITASUGIスタッフのさやかです(^^♪

またしても更新が滞っており、すみません。。
やはりあっという間に年の瀬(大晦日)になってしまいました💦
師走。
お坊さんまでもが忙しく走り回るという意味。
それが12月。
私もお坊さん並みに駆け回っておりました。
その結果、どでかい風邪をもらい、完全に声帯までやられて現在声ナシ生活です😭
暖冬とは言え、みなさまも体調にはくれぐれもお気を付けください!

さて。
2023年もあと数時間で終わろうとしております。
今年もたくさんの山と戯れてきました。
みなさんもきっと記憶に残る、登山をされてきたことでしょう。
洛中では、年末に恒例行事なるものがあります。
山岳会らしく山小屋で一泊する納山祭(大忘年会)です!
IMG_0779
京都のとある山のその更に奥にある、小さな小屋で
食べ物や飲み物、シュラフやランタンなどを持ち込み
みんなでご飯を作り、夜な夜な歌いつつ、飲み語らいつつ、
夜を過ごすのです。
IMG_0759IMG_0769
運が良ければ?雪も降り
夜明けには白銀の世界の中、登山をすることができます!
IMG_0847IMG_0833
初めましての方も、いつも一緒に山に登っている方も
和気あいあいとアッという間に時が過ぎてゆく、貴重な時間。
今年一年を振り返る貴重な時間でもあります。
IMG_0812IMG_0815
今年も無事に納山祭が行われました(私は参加できず…)
一年の登り納めにふさわしい、納山祭。
共に登り、ご飯を作り、語らい、夜を過ごす。
山で過ごす、全てのことが1日で体験できる納山祭。
IMG_0851
興味のある方は是非、京都洛中勤労者山岳会へお越しください!

今年も大変、お世話になりました!
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

みなさま、良いお年を!

IMG_6508

みなさん、こんにちは!
KITASUGIスタッフのさやかです(^^♪

前回のブログからかなり時間が空いてしましました。。
その間にすっかり冬ですね。。
仕事では2023年と2024年の手帳を行ったり来たり💦
せわしないです!

秋はどこへ行ったのやら~
と感じるくらい一瞬だった秋の絶好の気候の中、
洛中山岳会企画部が主催してくださった2023秋のバスハイクが開催されました!

今年の目的地は
丹波篠山市の白髪岳・水山・松尾山です。
IMG_6489
京都市内からバスに乗って、いざ出発!
バスは西へ西へと走ります。
亀岡市を越え、篠に入った途端
濃霧の世界。

普段、霧を見ることがないので
ほんの先が見えなくなってしまう霧に恐怖を覚えました。
一瞬で真っ白な世界に変わる、霧の恐ろしさ。
この辺りで暮らしている人には日常かもしれませんが
私にとっては恐怖以外の何者でもありませんでした💦
そんな霧もトイレ休憩に立ち寄ったあたりではすっかりと晴れて
太陽が見えてくらいお天気に変わりました。
霧は本当に一緒なんだな~~
なんだかはかない気もしなくはないですね。

バスは渋滞に巻き込まれることもなく、スムーズに出発地点に到着。
今回は人数が多かったので、1班と2班に分かれて行動します。
各班ごとに準備運動などをして、いざ出発!
IMG_6486
出発地点から登山口までに行く途中に野生のお茶の木がたくさん生えていました。
お茶の木にはこれまた珍しいお茶の花も咲き乱れていました。
私はお茶の木の花を始めてみたのですが、なんともかわいらしい!
IMG_6493
椿を小さくしたような、ポップコーンのような
白くて丸くてころころしたような可愛らしい愛らしいお花でした。
(茶花は調べてみると、やはり椿科ツバキ(カメリア)属だそうです!)

白髪岳登山口に到着したところでKさんがとても珍しいものを発見!
IMG_6496
カヤランという着生植物。
普段は高い木の上にいるようで、人目に触れることはあまりないのだそう。
貴重!!

一通り、盛り上がったところで登山開始です!
登山口から早々に急登が続きます。
IMG_6500
IMG_6502
お天気がよかったので開始早々、みんな汗だく。
他の登山客もたくさん。
譲り合っての登山です。
白髪山頂に向かう途中に岩場が登場。
(私の大嫌いなやつです)
しかし!
今年の夏、五日間にも及ぶ北アルプス縦走(特訓)のおかげか?
難なくクリア!
IMG_6552
笑顔まで出せる余裕状態でした笑

山頂は事前に聞いていた通り、360度を見渡せる眺望!
目の前には遮るものが何もなく、ただただ素晴らしい絶景。
IMG_6508
私たちの班はこの絶景の中、お昼ご飯を兼ねた休憩を取りました。
食後は水山、松尾山を目指します。
IMG_6515IMG_6523
松尾山山頂には酒井城跡があります。
昔はここにお城があったんですね~
松尾山からは下山になるのですが、途中に千年杉、仙の岩、卵塔群、不動の滝を見どころの連続です!
仙の岩はちょっと危険なルートだったので、回避しましたが景色は最高のようです。
IMG_6529
そもそも卵塔群って何だかご存知でしょうか?
実はお墓なのです。
僧侶のお墓。
きっと松尾山で修行された方々のお墓なのでしょうね。
たくさんの卵塔がありました。

IMG_6533
カラフルなフラッグがかわいい。
ちょっとほっこり。

卵塔を過ぎると不動の滝があるのですが。
残念ながらほぼ水が流れておらず…💦
IMG_6539
そして
下山途中にこんな植物も発見!
IMG_6544
マムシグザの実を発見👀
マムシグザはサトイモ科の植物らしく、有毒植物で食べるとかなり危険だそうです!!
触ることも炎症が起こるため、危険だそうです。
触らなくてよかった~~

予定の時間よりもとても早く下山してくることができたので、
トイレ休憩を兼ねて立ち寄った酒蔵『秀月』さんでは
ゆっくりと休憩&試飲&お買い物をさせてもらいました!
この秋、絞った新酒や生原酒がたくさん!
酒粕を利用した漬物も!
気になる商品が多過ぎて、店内をずっとウロウロしていました💦
IMG_6546
気が済むまで物色&試飲をさせていただき、いざ帰宅!

京都市内にも予定時刻よりも早く帰ってくることができました^^

束の間の秋空と秋山を堪能した1日でした!
みんなとワイワイ登る登山も賑やかで良いですね^^

IMG_5943

皆さん、こんにちは!
KITASUGIスタッフのさやかです(^^♪

早いものでもう11月…
年末までのカウントダウンが始まりますね。
お年賀状やおせち、クリスマス・・・
季節を感じるものが店頭に並び始めました。
そろそろ大掃除のスケジュールも考えないと年末大変なことになりそうです💦

先月のお話なのですが
我らKITASUGIメンバーであるOさんが企画してくださった、
摩耶山の黒岩尾根を歩く山行を実施してきました!
IMG_5937
摩耶山と言えば、
稲妻坂や天狗道が有名ですよね。
黒岩尾根はそれよりも少し奥まったルートでかつ
しんどい!と言われているルート。
体力を付けたい時やトレーニングなどに向いているルートとも言われています。

また、摩耶山は季節によってはきのこの宝庫なのです!🍄
摩耶山で活動されているか定かではないのですが…
兵庫県立御影高等学校 環境科学部(通称:キノコ部)さんをご存知でしょうか?
六甲山の再度山でよくきのこ観察をされているそうなのです。
彼らのきのこ標本がこれまた素晴らしく美しいので
機会がありましたら、是非ご覧ください!

話は逸れましたが、、
この日は朝からとても良いお天気!
たくさんの方が参加してくださって、出発からにぎやかです^^

今回は新神戸駅の裏からスタートです!
スタートしてすぐに雄滝、雌滝が現れマイナスイオンに癒されます~
IMG_5916
そして少し歩くと神戸市が見渡せる展望台へ。
ここでちょっとした朝礼を。笑
IMG_5920
更に進んでいくと川と滝があるのですが、かなり干上がっていました。。
しかし、珍しいコマドリが岩の上にちょこんと座っているではありませんか👀
ちいさくて青くてほっぺがほんのり白くて。
なんてかわいい生き物なんでしょう~~
IMG_5921
(画質が悪くてよく見えないかもですが…)
すっかり癒された瞬間でした🐥
そこから更に進んでいくと布引貯水池。
こちらはダム湖百選にも選ばれています。
お天気が良く、風が弱い日にはまるで鏡のようにまわりの世界を映しこみます。
(私はまだ見たいことがないのですが…)
IMG_5927

市ケ原を越え、黒岩尾根入り口に入り、高度を上げていきます。
何度も何度も急登が続きます
段差の大きな階段もあり、太ももが鍛えられるのを感じます。。
通称P606地点からは明石海峡、瀬戸内、有馬方面と
素晴らしい景色を見ることができます!
IMG_5930
ここでは心地よい風が吹き抜けて、疲労してきた身体がほんのりと涼みます☺️
10月は蜂が多かったりと何かと気をつけることもありますが、やはり快適な気候です!

アップダウンを何度か繰り返して、ようやく摩耶山山頂へ!
お天気だったこともあり、山頂はたくさんの人が訪れていて大盛況!
IMG_5943
山頂にはロープウェイやバスも通じていることもあり、
登山客以外の人たちもたくさん!
思い思いに山頂からの景色を楽しまれていました。

山頂でのお楽しみと言えば、やはりお昼ご飯!
ゆっくりと座るスペースがなかったものの
我々も登山の疲れを労る為、各自で腹ごしらえ
メンバーのHくんは手動のコーヒーミルを持参して、良い香りのコーヒーを淹れて寛がれてました☕️
IMG_5951
お昼ご飯後は天狗道経由の旧学校林道を通って下山。
下山口になる金比羅山 雷聲寺からの景色がまた素晴らしい
まるで映画のワンシーンのような街並みを見ることができます。
IMG_5959

ここから新神戸駅までは歩いて10分ほど。
ぐるりと摩耶山を堪能した1日でした!

山行をご一緒してくださった皆さん、
お疲れさま&ありがとうございました!
またご一緒してくださいね⛰️

IMG_5725

みなさん、こんばんは!
KITASUGIスタッフのさやかです(^^♪

前回のブログからかなり時間が空いてしまいました。。
最近、社畜気味です…

最近は秋晴れも多く、登山するには良い気候になってきましたね!
みなさんはどんなお山に行かれているのでしょうか?
少し、時間が経ってしまったのですが
9月の中旬に六甲山の芦屋ロックガーデンから風吹き岩経由の七兵衛山へと行ってまいりました!

IMG_5725

この日は朝からお天気で登山する前から汗が噴き出るような暑さ。
集合した芦屋川駅では場所柄、高級車がひっきりなしに行き来していました💦
山行のリーダーはお山に関する知識が豊富なSさん!
IMG_6112
登る山にまつわる、知る人ぞ知る深い話からくすっと笑える話まで。
Sさんと一緒にお山を歩いていると、その山の性格と言いますか、歴史と言いますか
様々な角度からお山のことを知ることができて、
こころもからだも満たされるような感覚になります。

IMG_5677
駅から登山口にあたる高座ノ滝までは約30分。
IMG_6117
住宅地を抜けていきます。
涼しげな滝を横目にいざ、スタート!

登山口からはロックガーデンの名にふさわしい、
ごつごつとした大きな岩の連続。
大きな岩も多いですが、登りにくいところにはちゃんと鎖も設置されているので
初心者でも比較的登りやすいロックガーデンだと思います。
(私もちゃんと登れました!)
岩登りを繰り返していると、人が集まって何やら一列に何かを避けるように歩いているのが見えました。

はて?
あの木の下に何かあるのかな?

と、目を凝らして見てみると…

い!の!し!し!
IMG_5688

野生のイノシシに初遭遇!
おとなしく草をもしゃもしゃと食べているではありませんか。
ここは興奮させず、そっと横を通り過ぎるのがいちばん!ということで
我々も一列になって、そっと横を通り過ぎていきましたが
近くで見るとなかなかの大きさ…
あの大きさで突進されたらひとたまりもないな。。
これから冬眠前は色んな動物たちと遭遇することになるかと思いますが
みなさん、くれぐれもお気を付けください!

いのししと別れ、更に登っていくと視界が開けた場所へ。
IMG_6109
神戸の街並みを一望です!
風も通って、しばしの休憩。
休憩後は風吹岩を目指します。

IMG_6113
風吹岩。
それは突然、現れます。
大きな大きな岩。
大きな岩だけど、比較的簡単に登ることもできます!
そこからの眺めも最高です!
IMG_5797
不思議なことに風吹岩の付近には猫がたくさんいました。
こんな山の中に猫がいるのはとても不思議な感じ。。🐈

IMG_5694
途中で、こんな看板も笑
こんな山、あります??

風吹岩で休憩し、更に進んでいきます。
ここからのルートはSさんしか知らないであろう、ルート。
歩いていくと、再び視界が開けた場所へ。
先ほどは全く異なる雰囲気の場所。

そこには大きな池。
それはまるでモネの池のような大きな池。
(モネ→クロード・モネ氏 フランスの印象派の画家です)
IMG_6114
水面一面に水連。
時期が過ぎていたにも関わらず、いくつかの水連は立派な花を咲かせていました。

突如を現れた大きな池にみなさん、感嘆の声!
なんとも言えない、不思議な独特の空気感に包まれた池があるこの空間は
なんとなく秘密にしておきたい。。

実はこの池、
雄と雌として存在しているとのことで、もうひとつの池のほうへ。
こちらの池もひっそりとたたずむ雰囲気で神秘的でした。

いや~~
Sさん、すごい!

更に進んでいくとようやく山頂?の七兵衛山へ!
ここからも神戸の街並みが一望でき、景色を眺めながらお昼タイム🍙
IMG_5737

お昼ご飯後は下山となり、途中に金鳥山という磁場がゼロという
これまた不思議な場所へと案内してもらいました。
こちらも知る人ぞ知るパワースポットだそうです。

IMG_5745

みんなでわいわい楽しんだ後、
展望台で休憩し、保久良神社をお参りして、岡本駅で解散となりました!
IMG_6107

この日の登山は山に登る楽しみだけではなく、
景色や七兵衛山を愛するひとりの男性のお話、
秘密の池やパワースポットなど本当に様々な楽しみが盛りだくさんで
なんだかテーマパークに来たような満足感でいっぱいでした!

Sさん、また企画をお願いしますー!

IMG_6108
こちらのトンボのアクセサリー?
ようやく本来の用途の目的を教えてもらうことができました!
納得の逸品です!

みなさんはこのトンボにどんな効果があるかご存じですか??